ばんちゃんの読書日記~新書・文庫篇~

読んだ本の感想や勉強になったことをメモするための読書日記です。

理想的日本人を求めて『文部省の研究』を読む。

f:id:feuillant:20170719131128j:plain

テレビをつけると、日本が好きな外国人の特集なんかやっている。「日本のどういうところが好きなのか」「日本はほかの国とは何が違うのか」などインタビューを交えて、日本のすばらしさを日本人に向けて放送している。

 

本屋に行けば、「実は中国経済は破たんしていて、日本経済は世界2位だ」とか、「日本は世界5位の農業大国だ」、「日本経済は復活する」など日本は素晴らしいですぜ、と絶賛する本が並んでいる。

 

アナリストのデビット・アトキンソン氏の著書によれば、世界のツアーガイドブックには、『日本人は「日本はどうですか」と聞いてくるので、素晴らしいですと答えてあげましょう』などと書かれているそうだ。日本人というのは、外国の評価をものすごく気にする国民のようだ。

 

自分たちは素晴らしい国民だ。マナーがよくて、スタジアムのゴミは持って帰る。空気を読むから、秩序をみだりに乱さない。世界第三の経済大国で、ものづくりも得意だ。借金まみれで、年金も破たん寸前。高齢化で若者の負担がますます増える。政治家も不倫とか暴行とか、忖度でちっとも頼りない。生活水準なんて20年間変わってなくて、今や韓国とほとんど同じ。それでも我慢して、暴動も起きないなんて奇跡的でしょ。どうですか、外国人さん、といった具合に日本礼賛を求めるのである。日本が外国に認められたと、国民にフィードバックするのである。

 

逆に日本を批判しようもんなら、「日本の文化がわかっていない」と一蹴。批判をまともに受け止められない。考え直すきっかけにもならない。このような文章を書いていると「売国奴」と罵られる。政府に批判的なマスコミは“マスゴミ”となる。

 

「そう落ち込むなって、胸張って生きようよ。外国人はみんな日本が素晴らしいって褒めているよ。」何やってもうまくいかないもんだから、自暴自棄になって自分たちで自分たちを慰めているようだ。実にCREEPYである。

 

続きを読む

政治に参加するには『あなたのまちの政治は案外、あなたの力でも変えられる』を読む。

f:id:feuillant:20170711103746j:plain

 

知り合いが浮気現場を目撃され、噂が広がった。ラブホテルに入るところを見られたのである。もともと、付き合ってはいないが、とても仲のいい二人だった。何かあるかもね、とささやかれることもしばしばあった。今回の件で、「ああ、やっぱりね。」という声が聞こえてきた。だったら今の彼女を精算してから、付き合えばいいのに。厳しい意見が相次いだ。

 

しかし、本人は「ホテルには入ったけど、寝てない」と弁明している。「普通のホテルが満室だったから仕方なく。しかも、部屋を案内して自分はすぐ帰った」というのだ。ホテルの中で何があったか。真相はどうでもいい。ここで重要なのは「ホテルに入った」という事実だ。状況証拠で我々は十分なのだ。噂はすぐ広まる。ぬかったなと冷ややかに突き放してやった。

 

ラブホテルの一件は、政府が抱える加計学園問題にも通じるものがある。親密な関係を知られている首相と理事長。そこに、今まで規制されてきた獣医学部の新設。加計学園に肩入れを指示するような文章。ここまであれば、我々は納得なのだ。ほとんどの人にとって真実はどうでもいい。これだけの状況証拠で、これは悪いことが起きていると判断できるのだ。

 

続きを読む

子どもを守り、親の雇用を守る仕事 『ルポ 保育崩壊』を読む。

f:id:feuillant:20170630164555j:plain

娘が風邪をひいたので、1週間仕事を休んで育児をした。4月に入園して以来、2週間おきに風邪をひいている。この前は、突発性発疹だったらしく、熱が下がったあとブツブツが体にできて、ひどく泣いていた。37.5℃以上の熱だと保育園では、保護者に連絡をして帰ってもらうという。毎回、復帰したばかりの妻が、ずっとため込んでいた有給休暇を消化しながら家での面倒を見てくれていた。しかし今度ばかりは、妻も仕事が休めない。お店を経営していて、自由に仕事ができる私が、代わりに面倒を見ることになった。

 

月曜日に小児科に連れて行った。診断は夏風邪だそうだ。喉が少し赤い程度だから、熱が下がれば保育園に行けると言われた。火曜日は熱が36.8℃に下がっていたので、保育園に預けて仕事に行くことにした。しかし、預けてから1時間後くらいに、保育園から電話があった。熱が上がったらしい。急いで連れて帰り、看病をしようとした。熱は39℃近くあるのに、いたって元気な様子だ。結局、看病はせずに、家で遊んであげた。その後、熱は下がらず40℃近くまで上がったのだ。さすがに娘もぐったりしていた。これはおかしいなと思って、水曜日ふたたび小児科に行くと、先生は「子供は熱が下がっても、また上がることもあります。」ということで夏風邪という結論を修正しようとしない。

 

そういえば咳も出ているから、その旨を話したら、処方箋をもらった。木曜日、熱は下がったが、今度は咳がひどくなった。もらった薬は効かないのか。咳がひどくて、機嫌が悪い。お昼寝もできない。挙句はひどくせき込んで嘔吐してしまった。こういう時の男性の狼狽ぶりは格好悪い。すぐに妻に電話をして助けを求めたが、出ない。金曜日、今週3回目の通院である。「小さい子はせき込んで吐くことはある」と、私を慰めるような穏やかな口調で説明してくれた。

 

1週間も仕事を休んで面倒を見ているうえに、熱だ咳だ、嘔吐だと騒いで小児科に来てみれば、自分だけが無知な世界にいることを思い知らされて、ストレスは爆発寸前だったのでちょっと突っかかり始めた。

 

「保育園に入ってから頻繁に風邪をひくようになったんですよ。」

 

「たいてい、保育園に入ったら風邪とか病気をもらいます。免疫がないですからね。」

 

「それにしたってもらいすぎじゃないですか。こんな頻度で保育園休んでたら、仕事になんないですよ。」

 

「気持ちはわかります。でも子供は集団生活の中で感染しながら免疫をつけていくんです。それで体が丈夫になっていくんです。」

 

「免疫をつけるために病気にかかるなんて、子どもには過酷だと思います。こんなに熱出して、吐いて。私が記憶している限り、私自身、保育園そんなに頻繁に休んだことはないです。」

 

「それも子どもによりますね。ひく子もいればひかない子もいます。」

 

「じゃあ、風邪をひかない子は免疫をどうやって得るのでしょうか。子供のときに風邪をひいていない人は、抗体をすでにもっているということですか。」

続きを読む

資産運用するために知っておくべきこと『フィンテック革命の衝撃』を読む。

f:id:feuillant:20170621063845j:plain

お金を稼ぐには3つの方法があると思っている。

 

一つは労働。自分で働いてお金をもらう。フリーランスの場合は、注文がなければ収入はゼロだ。しかし、雇われたらクビになるまで、あるいは自ら辞めるまでは、雇い主から賃金を得ることができる。

 

二つめは、オーナー。人に働いてもらうことでお金を獲得する事業主だ。資産を使って人を雇って、機械を買って、売上を上げていく。従業員の給与など経費を諸々支払って残ったお金すべてを手に入れることができる。自分で働くよりも、相手に働いてもらうのでマネジメント力がないとうまくいかない。

 

三つめは、投資。お金に働いてもらう。お金を預けたら、その価値が上がった時に売って儲ける。

 

労働によって一気に収入が増える可能性は高くないが、コツコツ働き安定した収入を得るのには最適である。残りの二つは、うまくいけば大金持ちになれる。しかし失敗すれば一文無しどころか借金生活に転落する可能性がある。ハイリスクハイリターン。私のイメージはこんな感じであった。

 

そして私は、『同じハイリスクなら、自分が考えて資産を動かせるほうが良い』という点で事業主を選んだ。やってみると、人に働いてもらう分、とても神経を使う仕事である。そして軌道に乗るまでは借金を負うことになった。

 

続きを読む

「自分とは違う」を許容できるか『他人の意見を聞かない人』を読む。

f:id:feuillant:20170608201915p:plain

久しぶりに面倒くさい男に会った。やたらと自分のやっていることを勧めてくる男だ。自己啓発に余念がなく、常にハードワーク。遊びも仕事も真剣に打ち込んでいる。

 

それはそれで素晴らしい。私のような怠け者からすれば、公私ともに経済的にも精神的にもより高いところへという野心がうらやましい。彼を応援したい気持ちもある。しかし、その熱をこっちにまで向けられると、暑苦しい以外の何物でもない。

 

最近始めたドラムの練習の話から、一緒に通わないかと誘ってきた。一度断ると、断られることに慣れていないのか、さらにグイグイくる。こっちの事情など聞こうとしない。次から次へと自分の主張を話し始めるのである。

 

かつて、自己啓発セミナーにはまって、「さらに上のクラスに入るには知り合いを数人紹介しなければならない」というルールのもと、しつこく勧誘してきた男と同じ匂いがした。

 

想定していた答えが返ってこないと焦る。そして、その答えを訝しがるのである。私は営業マンだったから、Noと言われることに慣れているほうだ。YesかNoかを聞いているのだから、Noの答えがあって当たり前である。

続きを読む

国の未来は若い世代が創る『ミッション建国』を読む。

f:id:feuillant:20170602133319j:plain

経営していると目標未達というのは、非常に大きな意味がある。プロジェクトを成功させなければ、会社が潰れる可能性もあるからだ。

私生活だって同じだ。目標未達は痛い。30万円かけて通った英会話で、ほとんど話せなかったら、話す機会を増やせなかったら、投資失敗だ。奥さんが財布を握ってさえいようもんなら、もう二度と英会話になんて通わせてもらえない。むしろ自分の使える予算は激減するだろう。

このように、「目標を達成できない」ということは重大なことなのだ。

 

「何を言う。君が思っているより大変なんだ。」そう言い訳すれば、返す刀で「大変なのになんでそんな目標を立てたの?そもそも考えが甘いんじゃない?」と切られるのがおちだ。すぐ反省し、行動や考えを改善しなければならない。

 

しかし、この世の中には何度失敗しても、「また次回がんばります」が通じる組織があるようだ。日本政府は17年度末までに待機児童「ゼロ」を目標としていたが、実現するのが難しく3年先送りするそうだ。

国民が税金を払っている限り、ばんばん国債を発行する限り予算は減らないと思っているから、彼らは懲りないのだろうか?できもしないのに「ゼロ」だって見栄切って、難しいから先送りしますって。「失敗、失敗」「次、次」の結果が1000兆を超える借金だ。

いかに政府という組織が、世間から浮いた存在かがわかる。

 

続きを読む

暴力は人間の本性である『戦争にチャンスを与えよ』を読む。

f:id:feuillant:20170528153326j:plain

奇妙な夢を見た。16歳になった娘がロックバンドのコンサートに行くという。私は「テロが起きるといけないから、やめた方がよい」と諭す。しかし、娘は聞かない。私の忠告を無視してコンサートに向かう。私は彼女を追いかけてコンサートに潜入を試みる。数千にものぼるオーディエンスから娘を探すのは至難である。かき分けても、かき分けても人・人・人だ。しかも見慣れないターバンとあごひげの男たち、スカーフで顔を隠す女性ばかりだ。「パパも来てたの?」という声に振り返ってみると、娘がなぜかイスラーム女性の恰好で立っていた。そこで、目を覚ました。

 

こんな夢を見たのは、今回のマンチェスターでの自爆テロ事件のせいだろう。幼い少女が亡くなった。無意識に、何か他人事では済まされない感情が湧いていたのだろう。

 

人が殺されるニュースを聞くたびに、被害者を哀れみ、自分の身に降りかからなかった幸運に感謝する。戦争や暴力とは程遠いところにいるように感じる。そして、戦争や暴力が絶対的な悪と決めてかかっている。人間の本性が暴力的であるという事実を忘れている。自爆テロなど事件によって、私は改めて人間の本性に気づかされる。

 

続きを読む